Top >  ペットの暑さ対策

ペットの暑さ対策

2-10
ペットの暑さ対策

我が家には室内犬がいるので、夏の外出時は大変です。すぐに高温になってしまう車の中に乗せっぱなしにしておくわけにはいかないので、家の中で耐えられるようにして、留守番させていくことになります。

動物を買うなら、夏はエアコンをつけっぱなしにするのが当たり前、と言われたことがあります。つまり、動物を買うなら経済力も必要だよというわけです。(もちろんエアコンの光熱費のことだけを指しているわけではないのですが)
でも、単に、経済的なことだけをいうのではなく、動物のためにエアコンをつけっぱなしにするのは、やはり抵抗があります。
そのひとつには、ペットだとはいえ人間よりも野生に近い生き物に対して、どこまでの環境調整が愛情だと言えるのか。
ひとつには、エアコンなどのエネルギーをつけっぱなしにすることが、自分たちの生活する環境に対して、アンチ・エコになってないのかということです。

動物を愛する > 環境を大事にする 
になってしまっては、何が本当の愛なのかなぁ?と感じざるを得ませんものね。

とはいえ、猛暑に弱い動物がいるのも事実。ある程度エネルギーの力を借りないといけないのも、致し方のない事実ではあります。(特に毛のある動物は比較的寒さには強いものの、汗をかかないので暑さには弱いですからね…)

では、エアコンを使うこと以外でできそうなペットの暑さ対策を考えてみましょう。

まずは扇風機を使う、という方法があります。
扇風機の風によって、涼しいと感じるのは、汗が風によって蒸発し、その気化熱によって皮膚表面温度が下がるからです。
残念ながら、ほとんどのペットは汗をかきません。
ですから、扇風機の風を当ててあげても、体温が下がるわけではないということを知っておかなければなりません。
犬は、体温調整を舌からの気化熱だけによって行っています。だから暑い日は、口を大きくあけて、ハアハアと深い呼吸をしているのですね。
ケージなどに直接扇風機の風を当てても、あまり効果がないのですが、部屋に気流を作って気温を下げるということでは、使い道があるかもしれません。

それよりも、直接ひんやりするアルミシートや石、冷蔵庫で凍らせておくアイスノンのほうが、直接体温が下がるため喜ぶようです。直接肌に触れるのもいやがったとしても、結局暑くて仕方がないと、そばに寄っていくようですよ。ペットボトルを凍らせたものは、外出時に思っているので便利です。

ゲージなどを、日光にあたるところにおかないのは基本中の基本。家の中で放し飼いできるのなら、自分で勝手に涼しい場所を探しますが、入れておかなければならない時にはできるだけ北側の廊下など、少しでも風の動きがある場所に設置します。エアコンつけっぱなしにせずとも、出来る対策をいろいろ考えてみてくださいね。水分が切れないように、飲み水をたっぷり用意してあげることも大事です。

暑さとエコ

関連エントリー

・暑さ対策から考えるエコ
・エアコンの上手な使い方
・扇風機の上手な使い方
・直射日光を避ける
・暑い空気を外に出す
・涼しさを蓄えておく
・木陰の効用
・風通しのいい街づくり
・ペットの暑さ対策


Notice: Undefined offset: 2 in /home/sites/heteml/users/y/o/u/you031376/web/advancedhorseguide/post_95.html on line 160

Notice: Undefined offset: 1 in /home/sites/heteml/users/y/o/u/you031376/web/advancedhorseguide/post_95.html on line 160

Notice: Undefined offset: 3 in /home/sites/heteml/users/y/o/u/you031376/web/advancedhorseguide/post_95.html on line 160


エコ

暑さとエコ

寒さとエコ

ごみ問題

エコドライブ

その他文章

運営者情報・リンク集