Top >  ごみ問題とリサイクル

ごみ問題とリサイクル

4-1
ごみ問題とリサイクル


「環境問題」と聞いて思いつくのは何ですか?

大気汚染?
騒音?
自然保護?
地球温暖化?

地球が長い間かけて作り上げてきた大自然を、地球の歴史から見るとほんのわずかな時間で、人間が壊そうとしています。悪意があって壊そうとしたわけではなく、人類の発展のために文明が進化したことの悪しき副産物であったわけです。

数々の環境問題の中でも、
私たちの生活の中で最も密接で、個人の力で何とか頑張れそうなものが「ゴミ問題」です。

「ゴミ」のもともとの意味をしていますか?
埃・ちりなどの塵芥。川底や池などの底にたまった泥状のもの、など、全く役に立たず処分するしか方法がないものをゴミと言います。ゴミのように扱われる…というと、利用価値がなくなり汚いものになってしまった、という意味合いが含まれます。

しかし、私たちの生活の中で出てくるゴミを見てみると、
本当に利用価値がないものばかりでしょうか?

物質的に恵まれた生活をしている日本の人々にとって、
今やゴミとは、「自分にとっていらないもの」になっています。

食べきれなかった食料品、
まだまだ着られそうな洋服、
直せば使える家電、
無駄な包装の数々…

ゴミ問題=環境破壊 とまで飛躍的に意識が向かなくとも、
もったいないなぁ…と思いながら処分している人は大勢いるでしょう。

ポイ捨てや不法投棄が、地球を汚すということは誰にでもわかりますよね。
平気でそういうことをしている人ですら、本当は分かっているはずです。
じゃあ、もったいないけど自分には必要ないから捨ててしまおう、
ちゃんと行政の指示通り分別しているし、
誰にも迷惑をかけないように処分しているから大丈夫、と思っていませんか?

地球から見れば、どちらも同じ行為ですよね。
見た目に、街をきれいにするためには、誰かが掃除をしているわけですし、ゴミを処分するのにも人の手がかかっているので、不法行為で他人の迷惑をかけることは許されません。
でもそれは環境問題とは別の観点での「違法」ということ。
善良な市民である私たちも、たくさんのゴミを出すことで、地球には迷惑をかけているのです。

なぜゴミをたくさん出すことが環境破壊になるのかを考えてみましょう。
とても単純なことなんです。
モノ=製品 として、私たちの生活の中にあるものは、自然界にある何らかの物質を加工したり化学変化させたりしたものです。
それらを、何らかの処分方法で自然に返そうと思っても、作ったときよりもはるかに長い時間がかかるのです。
自然の産物である生ゴミは、比較的土に戻るのが早いものです。ちょっと前までは、庭に穴を掘って埋めておいたものですよね。それですら、埋める庭がなかったり、臭いが発生するなど、現代的な処分方法ではなくなってしまいました。
これが、化学的に生産されたもの(いちばんよく言われるのはプラスチック製品ですよね)になると、土に返るまでにはとてつもなく長い年月がかかるし、焼却するにも様々な問題が出てきます。

ゴミの処分には、「埋め立て」と「焼却」という方法があります。
ゴミの埋め立てというと、埋め立て地に使われますね。人工的な造成地を作るために、大量の土砂が必要ですが、廃棄物で賄うという一石二鳥的な利用方法です。しかし、ゴミをそのまま土中に埋めるということは、様々な成分が溶け出して、やがては空気中にまでも影響を与えるでしょう。それらが起こす健康被害は、もうすでに人々の体に出ており、「公害」として重大な環境問題になっています。
焼却は、高温処理によって原形をとどめなくさせる方法ですが、これもまた焼却過程において、有毒ガスが発生するなどの健康被害を引き起こす原因となります。

最近では、「資源」という考え方もありますが、どの程度リサイクルされているのかという数値は、はっきりしたものではありません。もちろん回収されて、また新たなものに生まれ変わるという考え方は大事なのですが、リサイクルするために必要な作業(洗浄するための水、リサイクルするための場所、回収の手間などなど)や、リサイクル製品の経済性を考えると、回収に躍起になるよりも根本的にモノを必要以上につくりださない、そのままの形で使い回せる工夫などが必要になってくるのではないかと思います。

そこで、いわゆる今日でいう「ゴミ」は、埋め立てや焼却する処分方法だけでなく、
「資源」であるという考え方をもっと大事にしようとされています。
本来の意味合いのどうしようもなく再生不可能なものである「ゴミ」を、極力減らそうという訳です。

それには、5つの方法が考えられます。

リサイクル=再び循環させる
リユース=再び使う
リペア=修理する、回復する
リデュース=抑制する
リフューズ=断る

ごみ問題

関連エントリー

・ごみ問題とリサイクル
・リサイクル(Recycle)
・リユース(Reuse)
・リペア(Repair)
・リデュース(Reduce)
・リフューズ(Refuse)
・エコバック考察
・マイバッグアイデア


Notice: Undefined offset: 2 in /home/sites/heteml/users/y/o/u/you031376/web/advancedhorseguide/post_107.html on line 200

Notice: Undefined offset: 1 in /home/sites/heteml/users/y/o/u/you031376/web/advancedhorseguide/post_107.html on line 200

Notice: Undefined offset: 3 in /home/sites/heteml/users/y/o/u/you031376/web/advancedhorseguide/post_107.html on line 200


エコ

暑さとエコ

寒さとエコ

ごみ問題

エコドライブ

その他文章

運営者情報・リンク集