Top >  重ね着を考える

重ね着を考える

3-7
重ね着を考える

寒さ対策の基本といえば、しっかり着込むこと。
いくらたくさん着込んでも、使用エネルギーゼロですからね。
着込んでも寒いもの…という場合、しっかりしっかり部屋と体を温めてから、外出する気分でたくさん着込み、暖房を止めても暖かさはもちます。
暖房の時間を短くするだけでも、毎日の積み重ねでずいぶん省エネに貢献できます。

さて厚着をするのが基本ですが、実は私は、重ね着が苦手です。
ついでに、首のまわりがゴワゴワするのも苦手なんです。というのも、重くなるのといっぱい着ることで、体が締めつけられるような気がします。
またとくに肩のあたりの動きが鈍くなって、肩凝りがひどくなっちゃうからです。

でもね、重ね着というのは、全身着膨れることとは、ちょっと違うんですよ。

頭寒足熱という言葉がありますよね。
頭のほうを冷やして、足を温めた方が健康によいとされているのです。
確かに、足先が冷えたり、暖房のきいた部屋で頭ばかりが暑くなると、立っているのさ辛くなってきます。

寒さは足元からやってきますから、まず足元をしっかりあたためることを考えましょう。足元を暖め、血行が良くなると、全身がぽかぽかしてきます。

足元をあたためるには、まず靴下をはくのが手軽な方法ですね。
5本指靴下は、足の指をしっかり広げ刺激するため、血行が良くなるアイテムです。
昔は、土建屋さんが使う軍足(軍手の靴下バージョン)のようなものしかなかったのですが、今はいろいろなデザインで、かわいいものも売っていますので、5本指靴下がひと目にさらされるシチュエーションになっても、別に恥ずかしくもないですよ〜。
また靴下を2枚重ねるというのも意外と良い方法です。
毛糸でざっくり編んだ靴下カバーのような厚手のソックスもいろいろな種類があり、普通の靴下の上に重ねてはくと、ちょうど良い空気層ができてとても温かくなります。

家にいるときは、スリッパか足首まであるちょっと堅めのルームソックスを重ねます。その時に、ズボンの裾を入れ込んでしまえばかなり温かくなります。格好は悪いですけれどもね。部屋の中でいう「すき間風を防ぐ」アイディアですよね。

さらに、座って作業をする時には、膝の上にブランケットをかけますが、ブランケットの下(体側)に断熱シートを重ねると、なお保温効果がアップします。
断熱シートは、ホットカーペットの下に敷きこんだり、こたつ布団の内側に使ったりするアルミホイルのようなものです。ホームセンターなどで、売っていますが、別に専用のものでなくても大丈夫、割れ物を梱包してある発泡スチロールの衝撃緩衝材も、空気層があるため、保温効果に優れています。再利用してみては如何でしょうか。

また、首のまわりがゴワゴワするのが苦手だといいましたが、襟元も「すき間風」が入りやすい部分です。タートルネックやマフラーが苦手でなければ、家の中でも使ってみてもいいですよね。ファッションセンスにもこだわりたいところです。
私のように、家の中ぐらいゆる〜い格好をしたいという人の場合、足元さえしっかり温めて、首もとはスポーツタオルを一枚巻いておくだけでも、ずいぶん温かくなります。試してみてくださいね。


■ウォームビズ

冷房にはお金がかかると思われがちで、事実、夏場の電気代が跳ね上がるというととも少なくないでしょう。しかし実は、単純計算すると、暖房の電力消費量の方が大きいと言われています。それは、外気温と室内温度の差です。夏場は、最大に暑い時間帯で外気温が35度ぐらいだとしても、室内の28度にするには、−7度です。冬の朝などは、太平洋岸の地域でも、うっすら氷が張るくらい冷え込む朝も多いので、室内を20度にしようとすると、15度以上の温度差があります。実に夏場の2倍ですね。また、冷房が必要な時期(7月〜9月)に比べ、暖房が必要な時期(11月〜3月)も長いので、電力だけに頼ったとしたら冷房の3〜4倍のエネルギーが必要です。これをCO2排出量に換算すると、約4倍の差があるため、冬場の暖房効率をよくするための工夫が必要だという訳です。


「ウォーム・ビズ (WARM BIZ)」 とは、環境省が行ったエコ対策のキャンペーンのひとつで、企業などが労働環境としての室内を、過度にあたためることなく、適当に暖かい服装やブランケットなどを利用することで、暖房利用を控え、CO2排出量を少なくしようとするものです。クール・ビズでは、主に社会人として見苦しくない程度の軽装で就業することがOKとされていますが、ウォーム・ビズではもともと衣類での暖をとる工夫というのは、個人的にされていることなので、衣服だけでなく食生活などを含めた取り組みとして推奨されています。
というのも、もともと冬場に寒いときは、ズボンの下にもう1枚下着を着たり、厚手のものに代えたりするのは、当たり前のことでしたので、今さらウォーム・ビズと称して、さも専用の商品のように売り場に並べられると、ちょっと違うかなぁ…と思ってしまいます。
しかし、国が小売り業界を巻き込んでのクール・ビズ、ウォーム・ビズ商法は、やや環境対策とはかけ離れた感があることもあるのですが、そういう提案を、家の中でも取り入れることができますよね。

寒さとエコ

関連エントリー

・冬の寒さ対策から考えるエコ
・暖房機具の上手な使い方
・快適な部屋温度
・暖房器具の使い方を工夫
・太陽熱を有効活用
・寒さの元を遮断
・重ね着を考える
・適度な運動
・風呂
・足湯のススメ
・身体を温める食べ物


Notice: Undefined offset: 2 in /home/sites/heteml/users/y/o/u/you031376/web/advancedhorseguide/post_102.html on line 178

Notice: Undefined offset: 1 in /home/sites/heteml/users/y/o/u/you031376/web/advancedhorseguide/post_102.html on line 178

Notice: Undefined offset: 3 in /home/sites/heteml/users/y/o/u/you031376/web/advancedhorseguide/post_102.html on line 178


エコ

暑さとエコ

寒さとエコ

ごみ問題

エコドライブ

その他文章

運営者情報・リンク集