Top >  寒さの元を遮断

寒さの元を遮断

3-6
寒さの元を遮断

冬の寒い日、扉が少し開いているだけでも、すぅーっと冷たい空気が差し込んできます。
子供達がまだまだ乱暴に動き回る我が家では、「ドアをキチッと閉めなさい!」と怒鳴ることもしばしば…。
それほど、はっきりとわかる隙間風なら、注意がしやすいのですが、目に見えてわかりにくいのが、窓際のすきま風。

昔の家では、欄間の間や木の建具が目に見えて歪んでいるのがわかったものです。
最近の建付けのよい最近の住宅では、すきま風なんかない、と思っていませんか?逆に、きちんと窓がしまっているのに、どこか空いているのではないかと思うほど寒いのも、ガラスそのものから伝わる冷たさのせいです。
すきま風というから聞こえが悪いのですが、熱損失といえばわかり易いでしょうか。

窓から侵入する冷気には2種類あります。
部屋の中で冷やされた空気は重いため、床付近に下がります。
窓の付近では、空気が良く冷やされるため、特に床に冷気が溜まりやすく、すきま風として感じやすくなります。
もうひとつは、窓ガラスそのものが冷たくなって、周りの空気が冷やされるいわゆる「輻射熱」です。輻射熱には、暑いものも冷たいものもあるのです。

ではこれらの冷気を防止するためには、どうすればよいでしょうか。

簡単に言うと、窓付近の空気を冷やさなければよいのですから、窓の断熱性の向上を考えればよいことになります。

簡単な工作でできるものは、「断熱シート」と「すきまテープ」です。
ホームセンターなどに売っています。

断熱シートは、梱包用のクッション材(ビニールのプチプチするやつですね)のようなもので、くるくる巻いて売られています。
自分で窓の大きさに合わせてカットし、貼り付けます。

すきまテープは、薄いスポンジでできたクッション材でサッシの枠に両面テープで貼り付けるものです。あまり分厚いものを選ぶと、鍵を閉まらなくなるのでほどほどに。

いちばんよくある方法は、厚手のカーテンを取り付けることです。
カーテンの長さに注意が必要です。長さがきっちり床まで届いていないと、冷気が入ってきてしまいますから。
冷気を逃さないようにするためには、窓の外側とカーテンの両方にマジックテープを取り付け、窓にふたをするように取り付けてしまう方法もあるのですが、結露が起こりやすく、また南側の場合は日差しが欲しい時間帯もあるので、お手軽な方法とは言い難いかもしれません。

そういう意味でもカーテンは、長さをきちんと計算して購入しましょう。
床までというのは、床上1センチまでが許容範囲です。
カーテンの下におもりをつけて、風で動かないようにすることも良い方法です。

レースのカーテンの代わりに、テーブルクロスやシャワーカーテンに使われているビニール素材の布を使うこともあります。
確実に空気の流れを遮断するので、かなり保温効果が期待できますよ。
カーテン用として市販されているものは少ないので、手作りで長さを調整する必要がありますが、布の端がほつれたりするわけではないので工作感覚で大丈夫。
ギャザーをとる必要がないので、窓の幅よりも少し広めの布を用意し、上部にカーテンテープを縫いつけるだけです。

玄関ドアや勝手口など、しょちゅう開け閉めするのに、カーテンをつける場所がない建具もあります。
そういう場合は、扉の手前、どこか手ごろな場所に突っ張り棒を使いカーテンをつるすと、空気の流れが遮断されます。これだけでも直接家の中に冷気が入り込んでくることが少なくなります。

既製品の物が家にぴったりあわなければ、割高になってしまう可能性もありますね。しかし微妙なすきまが、室内の快適界に大きな影響が出るので、投資をしてでも価値のあるものを選ぶべきだと思います。

厚手のカーテンは洗濯にも面倒だし「冬のもの」というイメージがありますが、実は夏の暑さ対策にも有効です。あまりにも冬の質感やデザインが強すぎると、1年を通して使うのに、イメージに合わない季節が出てきてしまいます。かといって、シーズンごとに取り換えるのも大変な手間ですものね。
我が家ではベージュや茶色の、あまり柄が大きくないものを選んでいます。

新築時やリフォームなどで、サッシを取り換えることがあれば、高断熱の壁や断熱性の高い製品(ペアガラス)などを入れることも、検討してみてくださいね。

また、冬の間だけ、ソファーや小さい家具を窓際におくという方法もあります。
手っ取り早くすきま風が遮られる方法ですが、北側におく場合は、家具の裏に四季が溜まってしまうことに注意。南側の場合、日差しが遮られることに気をつけましょう。

寒さとエコ

関連エントリー

・冬の寒さ対策から考えるエコ
・暖房機具の上手な使い方
・快適な部屋温度
・暖房器具の使い方を工夫
・太陽熱を有効活用
・寒さの元を遮断
・重ね着を考える
・適度な運動
・風呂
・足湯のススメ
・身体を温める食べ物


Notice: Undefined offset: 2 in /home/sites/heteml/users/y/o/u/you031376/web/advancedhorseguide/post_101.html on line 188

Notice: Undefined offset: 1 in /home/sites/heteml/users/y/o/u/you031376/web/advancedhorseguide/post_101.html on line 188

Notice: Undefined offset: 3 in /home/sites/heteml/users/y/o/u/you031376/web/advancedhorseguide/post_101.html on line 188


エコ

暑さとエコ

寒さとエコ

ごみ問題

エコドライブ

その他文章

運営者情報・リンク集